子ども26年度

◆「お年玉はどうするの?」

   日時:2015年1月12日(月)10:00~13:30

   場所:浜松友の家

   読書:「二兎をおうものは一兎をえず」

        『力は出るもの出せるもの』より

   内容:おこづかい帳のつけかた

      オープンハウスの「のぼり」を作ろう

      自分でおべんとうをつめてみよう 

 

 

毎回、プログラムは子どもリーダーが書きます。

はじめに、おこづかい帳のつけ方を習いました。

 

お弁当の型紙の話を聞いたあとは、

さっそく詰めてみますよ。

おかずがたくさんあって迷っちゃうね。

 

 

栄養バランスばっちりのお弁当ができました!

 

 

子どもたちで描いたオープンハウスのぼり。

皆さん、家族で遊びにきてね!

「クリスマスはどうしてあるのかな」

   日時:2014年12月13日(土)9:30~13:30

   場所:浜松友の家

   読書:「先生はどこにでも」

        『力は出るもの出せるもの』より

   内容:クリスマスのお話し

      野の花グループのかたと工作

      おひるごはんをつくろう(カレーピラフなど)

      わたしができるようになったこと

      すてきなハーモニカえんそう

 

 

野の花グループのハーモニカ演奏と独唱。

この日のために、たくさん練習してくださいました。

 

 

お昼ごはんは「はやねはやおき四回食」より、

カレーピラフと大豆のポタージュ、ココアスクエア。


 

 

ごはんのあとの片付けも、だいぶ板についてきたね!

 

 

野の花の方と3段ゴマを作ったよ。

くるくる回って楽しい~。

 

 

終わりのことばや感想をしっかり言えましたね。

「楽しみだね クリスマス」

   日時:2014年11月24日(月・祝)10:00~13:30

   場所:浜松友の家

   読書:「ゆだん大敵」

        『力は出るもの出せるもの』より

   内容:クリスマス会のかかりをきめよう

      リースのかざりつけをしよう

      おひるごはんをつくろう(クレープ)

 

 

 

 

おいものつるを編んだ土台に、木の実やリボンを飾ります。

 

 

 

うすーく上手に焼けました。

クレープ屋さんみたいだね。

 

 

具も子どもたちで準備します。

包丁の扱いもだいぶ慣れてきましたね。

 

 

好きな具を選んでクレープにはさみます。

野菜もたっぷり入れますよ。

 

 

すてきなリースができました!

おうちに飾ってクリスマスを待ちましょう。

「秋の味覚 おいもを掘ろう」

   日時:2014年11月3日(月・祝)10:00~13:30

   場所:浜松友の家、近くの畑

   読書:「まかない種がいつ生える」

        『力は出るもの出せるもの』より

 

はじめにホールに集まって輪読をします。

一年生もがんばって読みますよ。

 

 

 

お待ちかねのおいも掘り。

「よいしょよいしょ」

 

 

 

大きいさつまいもとったぞ~!

 

 

友の家の庭で、焼き芋をしながらお弁当をたべました。

お天気でよかったね。

 

 

おいものつるでクリスマスのリースを編みました。

次のクリスマス準備会で飾りつけをしますよ。

「秋のおそうじ、大さくせん」

   日時:2014年9月21日(日)10:00~14:00

   場所:浜松友の家

   読書:「労するものにむくいあり」

        『力は出るもの出せるもの』より

 

初めて針を持つ子もいましたが、1時間かけてぞうきんを縫いました。

できあがりはどうかな?

 

 

ピーマン苦手だけど、がんばって食べるよ。

 

 

お昼ごはんは、三食ごはんとお味噌汁、オレンジゼリー。

おいしそうにできました。

 

自分で縫ったぞうきんで、午後はお楽しみのぞうきんがけレース

低学年の部スタート!

◆「鳳来夏のお泊り会」に行ってきました。

7月30~31日

川遊びに始まり、薪割り、かまどでのご飯炊き、風呂焚きなど、

今の生活では体験できないことがいっぱい。

この2日間、子どもたちはからだと頭をよく使い、自分たちの力で

たくましく生活しました。

これからの成長が本当に楽しみです。

 

 

鳳来寺山のふもとで、1泊2日の生活

 

 

1年生が初めての薪割りに挑戦。

先輩の2年生に教えてもらいました。

 

 

かまどを使ったご飯炊き

うまく火がつけられたかな?

 

 

地元の人が「ハヨ」と呼んでいる魚を釣っています。

エサは自分たちで捕ったミミズ

 

 

さわやかな朝の空気の中、道なき道を山登りしました。