· 

住の勉強グループ


7月16日(火)に住の研究グループの集まりに参加しました。

「鍋の持ち数しらべ」と、「絹たわし」を編みました。

 

皆さんは、自宅にある鍋を数えたことはありますか?

私は今回初めて数えました。

 

収納場所についても写真を見合いました。

とても参考になりました。

引き出し収納、オープン棚収納、開き戸への収納など。皆さん自宅の事情に合わせて収納されていて、改めて我が家の収納を見直したくなりました。

それから、S.O.Sという石鹸のついたスチールたわしを使ってアルミの鍋(行平)を磨く方法を学びました。

今回初めてこちらのたわしを知りましたが、早速共同購入で買って帰り、家じゅうの鍋を(ホーローとテフロンフライパンは除く)磨いています。パン焼き機の内釜も磨いたら茶色い焦げ跡がだいぶきれいになりました。

ぜひ共同購入でお買い求めください。

 

それから『婦人之友7月号』に載っていた「絹たわし」を編みました。

提供して頂いた絹地をジョキジョキはさみで切って、かぎ針で編みました。

 

写真の絹たわし、いびつなのが私が長編みで編んだたわしです。

この後早速使ってみましたが、長編みだとソフトすぎるかもしれないです。

次は細編みで編んでみます。

きれいに編めているのは私以外の会員が編んだ細編みのたわしです。使いやすそうですね。

コットン糸でも編んでみましたが、細編みだとしっかりとしたハードな感じに仕上がります。

かんたんですし、たわしですから目が飛んでも気にしないで(え?)作ってみませんか。

 

最後に、お土産に床や家具を磨く「レモンオイル」のサンプルを頂きました。

こちらはこれから共同購入で扱って頂けるそうなので、お楽しみに♪

 

住の研究グループの集まりは次回、9月。「防災」をテーマに行うそうです。

9月は関東大震災のあったことで防災の月ですね。

ここ、浜松は南海トラフ地震の圏内です。ぜひ聞いておきたいお話ですね。